カレンダー
2020年7月
« 6月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
カテゴリ

アプリのご紹介

ブログ

2016年03月30日

こんにちは!

デジタルピア営業の竹村です!

 

 

もうまもなく4月を迎えます!

県内の学校では続々と卒業式が行われていますね。

卒業された方、おめでとうございます(*^_^*)

新たなステージで頑張ってくださいね!

 

 

 

 

さてさて、今日は前回の記事の最後に登場した

現在研究開発中のアプリについて 詳しくご紹介したいと思います!

⇒ 前回の記事

 

 

『障害児者向け言語自動翻訳アプリ』

 

こちらは障害を持たれている方の支援者さんが対象のアプリです。

具体的にいうと、養護学校の先生やヘルパーさんのことです。

 

では、どんなアプリなのか?ということでイラストを使ってご説明します!

 

 

まず、障害を持っていることにより

普段私たちが会話するスピードでは上手く聞き取ることができない方がいます。

 

そんな状況を改善するため、支援者さんが話した内容を文字に変換したり

独自のイラストに変換するアプリやツールが実はもう既に存在しています。

 

でもやっぱり高価だったり、操作に時間がかかってしまいがちなんです。

 

 

 

そんな現状を打破しようと、愛媛大学と共同研究・開発しているのが、

今回ご紹介する『言語自動翻訳アプリ』なんです。

 

 

 

 

 

使用方法としては2つ。

1.音声での認識

2.文字撮影での認識

 

そう、このアプリはスマートフォンをお持ちの方は

一度は使用したことのある音声入力が可能です。

 

iphoneを使っている方は【siri】と聞けばピンときますね(*^_^*)

他にもGoogle社のCMで『OK.Google.』と

スマートフォンに向かって話しかけているものも印象的です。

 

 

では、音声入力または文字撮影をして一体どんな風に相手に伝えるのか?

 

 

そこで使用されているのが【PICシンボル】です。

 

⇒ 参考サイト

 

このPICシンボル世界各国で使用されている共通シンボルなんです。

 

例えばこちら。

そうです。犬です。

 

 

世界共通のPICシンボルを使用することでぱっと見ただけで意味が伝わり、

意思の疎通をスムーズにするお手伝いをします。

 

実際の使用例がこちらです。

 ※開発中のアプリのため完全ではありません。

  ご了承ください。

 

 

①アプリを立ち上げ、音声入力を行います。

 

 

②タブレットに向かって

『図書館でお話を読む』と言ってみました。

 

 

③私が発した言葉をアプリが認識します。

 そして言葉(単語)に紐づくPICシンボルが表示されました。

 

 

現在、研究開発中のこのアプリ。

たくさんの人のお役に立てるよう日々取り組んでいます!

 

今後もどうかご期待ください!

 

それではまた!